• 予防
    腱鞘炎の再発を防ぐおすすめ対策方法3選!
    2019年2月10日
  • コラム
    お店で買える腱鞘炎痛み止め市販薬の選び方!湿布や飲み薬の良い選び方&注意点ポイント解説
    2018年11月18日
  • 対処法
    腱鞘炎の痛みにはアイシングが効果的!手首の痛みを確実に抑えるアイシングの方法!
    2018年12月6日
  • ストレッチ
    腱鞘炎予防ストレッチ!一瞬で仕事や家事の疲れをやわらげるおすすめストレッチ集!
    2019年1月16日
  • ツボ
    つらい腱鞘炎に効くツボ教えます!予防にも早期治癒にも効果あり
    2019年3月16日
  • 対処法
    腱鞘炎の完治までの期間は?完治させるためにやるべき7つのこと
    2019年2月19日
腱鞘炎の完治までの期間は?完治させるためにやるべき7つのこと

ある日突然痛くなってしまった手首。

日頃から手を使うお仕事をがんばっている方こそ、腱鞘炎になりがちです。一度腱鞘炎になってしまうと手首や親指のあまりの痛さに驚いてしまうのではないでしょうか。

  • 着替えをするのに手が痛くてボタンがとめられない…
  • 荷物を持つのも痛くていつもと反対の手で持つ…
  • ハサミを使おうとして親指を開くとびっくりするほど痛い…

腱鞘炎になると日常生活のあらゆる場面が不便になってしまいます。痛みと戦いながらの日常生活を続けていると、このまま治らなかったらどうしよう・・・と不安になってしまいますよね。

腕田さん
腱鞘炎とは一生付き合っていかないといけなかったらどうしよう

腱鞘炎は完治させることができる病気です。けれども完治までには時間がかかる場合が多いです。いったい腱鞘炎は完治するまでにどれくらいの期間が必要なのでしょうか。

腱鞘炎の完治までにかかる一般的な期間と、完治させるためにやるべき7つのことについてご紹介します。

実体験をもとに腱鞘炎を完治させるためにできることをすべてお伝えしますので最後まで読んでくださいね。

腱鞘炎の完治までの期間はどのくらいが一般的?

腱鞘炎の完治までにどれくらいかかるのが一般的なのでしょうか?ある整骨院のアンケートによると、楽器を演奏する方、プログラマやPC入力業務など手を酷使するような職業の方は、腱鞘炎の完治までに半年から1年ほどの期間が必要だったという結果がでています。

また、プログラマやPC入力業務ほどは手を酷使する仕事ではないれども、一時的な理由で腱鞘炎になってしまった方は1ヶ月から三ヶ月ほどの期間で完治されることが多いようです。

腕田さん
半年から一年も完治までにかかることがあるのか?おもったより長い期間じゃ・・・
ミヤネさん
腱鞘炎はなりはじめのときどれくらい安静にできるかが完治のための重要ポイントなんです。腱鞘炎完治まで順を追って説明しますね!

腱鞘炎を完治させるために一番必要なのは安静期間

腱鞘炎になりはじめのとき、どれだけ安静にできるかがその後の腱鞘炎の治りの早さを左右するといっても過言ではありません。腱鞘炎になってしまってから最低3日間は痛む箇所を使わずに安静にしましょう。可能であれば1週間安静にできればベストですが、仕事があったり家事や育児などされている一般の方場合、1週間も安静にしていられないのが現実ではないでしょうか。

腕田さん
そんな長い期間ゆっくり休めたらいいんだけどなあ

大丈夫です。安静期間を取れない時にも腱鞘炎を完治させるためにできることについて次から解説していきます。

安静にできないときに腱鞘炎完治のためにやるべきこと7つ

腱鞘炎完治まで①寝るときは手首や指を固定する

腱鞘炎が悪化してしまう原因の1つに、寝ている時の手首や指への負荷があります。

腕田さん
寝ているときに手首や指への負荷がかかっているとはどういうことじゃ?

みなさんは寝ている時に知らず知らずのうちに布団をたぐり寄せたり、はねのけたり、手首を曲げた形のままでいることに気づいていません。寝ているときに手首や指へ負担をかける動作をしていると、腱鞘炎の治りがますます遅くなってしまいます。朝起きた時に手首が痛いのはなぜだろうと思ったことはありませんか?それは寝ている時に、手首や親指を痛める動作をしているのかもしれませんよ。

寝るときは手首ががっちり固定される硬いサポータを装着し、気づかないうちに手首や指に負担のかかる動きをしてしまわないようにしっかりガードしてしまいましょう。

ミヤネさん
これだけでもだいぶ痛みが軽減し治りが早くなることがありますよ。

腱鞘炎完治まで②患部が熱を持っているときは冷やす

患部が熱を持っているときはすぐに冷やす習慣をつけましょう。痛くなくとも熱くなっていたら冷やすようにしてください。熱くなっているところは内部では炎症をおこしています。スポーツ選手も運動のあとはアイシングをして筋肉を冷やしていますよね。腱鞘炎になってしまう方はスポーツ選手なみに手や腕を酷使していると思ったほうがよいでしょう。

腕田さん
スポーツ選手なみに手首を酷使していたなんて、わしはアスリートだったのか。

腱鞘炎の初期症状にもアイシングが効果的ですよ。下の記事でアイシングについては説明していますのでよろしければ読んでみてください。

腱鞘炎完治まで③テーピングをする

日常生活のさまたげにならないように腱鞘炎になってしまった手首や指をサポートするためにテーピングをしましょう。テーピングと効くと難しそうに感じるかもしれませんが誰でもできる簡単なテーピングのやり方を動画でご紹介します。テープ一本でできる簡単なテーピング方法です。参考にされてくださいね。

腕田さん
動画だとテーピングのやり方がわかりやすいのう

腱鞘炎完治まで④湿布を使って患部の炎症をおさえる

先程は熱をもっていたら冷やすことが大事とお伝えしましたが、湿布で炎症を抑えることも重要です。湿布は惜しまないようにしてください。痛いと思ったらすぐに貼ること。炎症を抑えるものであれば市販の湿布でもかまいません。

腕田さん
湿布をケチるとだめってことじゃな。
ミヤネさん
消耗品だと割り切ってくださいね。

患部が熱を持っていて「冷やしてきもちいい」と感じるなら冷湿布、患部の血行が悪くなっていて熱はなく、温めるときもちいいと感じるなら温湿布です。ぜひやってみてください。

腱鞘炎完治まで⑤スマートホンを親指だけで操作しない

スマートホンを使わないという方はあまりいないのでないでしょうか。スマートホンの操作はしないという方は⑤は読み飛ばしていただいてかまいません。

スマートホンを操作するときのコツは片手でスマートホンをもち、反対の手の人指し指でスマートホンを操作するようにしましょう

親指だけで操作しないようにしてくださいね。スマートホンの親指操作は実はかなり手首や指に負担がかかる動作です。

スマートホン自体の重さが重い場合、なおさら手首や親指への負担が大きくなってしまいます。面倒なようですが両手を使って、人差し指で操作するように心がけましょう。

こういった日々の負担を軽くしていくことが腱鞘炎を再発させないで完治することにつながります。一歩一歩積み重ねるしかありません。がんばりましょう。

腱鞘炎完治まで⑥疲れてきたら小まめに休憩をとる

疲れたなと感じたらすぐに休む。これは鉄則です。そもそも腱鞘炎になってしまう人は頑張りやさんの傾向があります。疲れをためたまま無理をするから腱鞘炎になったのです。疲れたなと感じたら少しでいいので手を休めるという習慣を持ってください。

手を休める習慣がつかないまま、一時的に薬などで痛みを抑えつづけていてもその場しのぎにしかなりません。また手首や指に徐々に負担が溜まっていき、腱鞘炎が再発するでしょう。腱鞘炎を完治させるんだという気持ちをもって少しずつ手を休める習慣を持つように努力してください。

腱鞘炎完治まで⑦手首のストレッチをする

腱鞘炎は手首や指以外の体の硬さも原因のひとつになっている場合があります。特に首肩周りの筋肉が硬いと手首にも負担がかかりやすくなります。

筋肉は放おっておくと固くはなりますが、自力で伸びることはできません。適度に伸ばしてあげることが疲労回復に繋がりますので手首や指のストレッチを合間に行うようにしましょう。ストレッチをしすぎて悪くなるということはありませんので、気づいた時に積極的におこないましょう。

具体的にストレッチを行いやすい、効果の高いタイミングを5個上げます。ぜひ参考にしてください。

  1. PC作業の合間に手がつかれたとき
  2. 電車を待っているとき
  3. トイレに立ったとき
  4. テレビを見ているとき
  5. お風呂に入っているとき

特に温かいお風呂に入っているときは、血行が良くなっているのでストレッチの効果が高まります

腱鞘炎の詳しいストレッチのやりかたについては下記記事をどうぞ。

腱鞘炎を完治させるまで:まとめ

腱鞘炎を完治させるためにやるべきことを7つお伝えいたしました。どれも腱鞘炎を根本的に完治させるために欠かせないことです。

  1. 寝るときは手首や指を固定する
  2. 熱を持っているときはすぐに冷やす
  3. 痛みのある箇所にテーピングをする
  4. 湿布を惜しまず使う
  5. スマホを親指で操作しない
  6. 手が疲れてきたら小まめに休憩をとる
  7. 小まめにストレッチをする

いかがでしょうか。腱鞘炎を完治させるためには定期的なメンテナンスと手首や指に無理をさせない工夫が大事です。腱鞘炎の完治までできることをこまめにやっていきましょう。

 

 

 

おすすめの記事