腱鞘炎の特徴は?腱鞘炎の症状とメカニズムを徹底解説

手や指を動かそうとすると激しい痛みがあり、満足に動かすことも出来なくなってしまう厄介な腱鞘炎。手や指が動かなくなると、普段からパソコンや手を使う仕事を中心にしている方だと、ろくに仕事が進められずに困ってしまう方もいらっしゃりますよね。

腱鞘炎は、手や指を酷使しているとなりやすくなる症状ですが、その痛みの原因や適切な対処法には様々なものがあります。

今回の記事では、そんな腱鞘炎への理解を深めていただけるように、腱鞘炎の特徴やメカニズムについて紹介していきます。

腱鞘炎ってどんな病気?どうして痛みが発生するの?

手には指先から手首にかけて腱鞘という組織があり、指を曲げたり伸ばしたりすると腱鞘の中を腱が動きます。

腱鞘炎とは、この腱鞘(トンネル)が何らかの原因で硬くなったり厚くなったりすることで、腱と腱鞘が擦れ合ってしまい炎症が起こってしまうことを言います。

腱とは、骨と骨についている筋肉である骨格筋を繋げる結合組織で、この腱が筋肉が縮んだときに骨を引き寄せて、運動しやすいよう手助けをしています。

腱鞘は、腱を包んでいるパイプのようなもので、腱が縮むと腱鞘に関節を動かす力がかかり、指や手首が曲がります。その働きは、自転車やバイクのブレーキケーブルのワイヤーの周囲を覆うパイプ状の部分の働きに似ています。

ご自身の症状が腱鞘炎と考えられるときは、まずはこの腱と腱鞘が痛みの原因となっている可能性を疑ってみましょう。

腱鞘炎の原因って何?どんな人がなりやすいの?

腱鞘炎は誰にでも起こりえる病気ですが、その中でも腱鞘炎が特に発症しやすい人には特徴があります。

メカニズム解明の一つとして、ここでは腱鞘炎の原因となりやすい人とその理由について説明していきます。

腱鞘炎の原因①特定の関節の使い過ぎによるもの

主な腱鞘炎の原因として特定の関節の使い過ぎが考えられます。

  • パソコンや文房具を長時間使う漫画家や作家
  • ピアノやギターなど手を使用する楽器の演奏家
  • テニスなど手首を使用するスポーツ選手
  • パソコンのキーボードを使う仕事

指や手を長時間使用する職業に就いている人に起こりやすい傾向があります。他にはゲームやスマホのやり過ぎ、授乳などで母親が乳幼児を抱きかかえるといったことも要因となります。

こういった職業に就いている方などは、普段から腱鞘炎の予防のためのマッサージやストレッチを心がけるようにしましょう。

腱鞘炎の原因②妊娠、更年期の女性に起こるホルモンバランスの乱れ

妊娠中、出産後や更年期障害といったホルモンがアンバランスになっている女性が腱鞘炎にかかりやすいです。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンというものがあり、エストロゲンには体の腱鞘を柔らかくして弾力を保ってくれる効果があります。

妊娠中、出産後や更年期の女性はエストロゲンの分泌量が減ってしまいます。逆にプロゲステロンには出産後に多く分泌され、子宮や骨盤を戻そうとして全身の腱鞘を縮小させる働きがあります。

腱鞘炎の原因③老化によるもの

老化による血行の悪化などで体の組織に柔軟性が欠けてきて、腱と腱鞘の間の滑りが悪くなってしまい、腱と腱鞘が擦れて腱鞘炎が起こることがあります。

その他の要因として怪我などによる細菌侵入(化膿性腱鞘炎)、糖尿病やリウマチといった病気に付随して起こる場合もあります。

腱鞘炎を防ぐためには長時間の酷使は控え、定期的に休みを取り、腱と腱鞘への負担をかけすぎないようにすることが大切です。

腱鞘炎の症状は進行するとどうなるの?その対策は?

ここでは腱鞘炎の症状が進むとどうなるかを段階ごとに説明します。腱鞘炎には複数の段階があり、その段階によって対処法も変わってきます。

腱鞘炎の症状と対策①腱鞘炎の兆候

腱鞘炎の兆候の特徴として以下のような症状が現れます。

  • 痛みはないが手首に腫れが現れる
  • 手をうまく動かせない
  • 手を動かすとだるさを感じる

腱鞘炎の特徴として痛みが現れるまでの期間が長く、すぐに症状は現れません。

この段階では異常はほとんど感じられず日常生活にも問題はありませんが手を長時間使用するときはこまめに休息を取る、ストレッチをするといった癖をつけるといいでしょう。

腱鞘炎の症状と対策②腱鞘炎の初期症状

腱鞘炎の初期症状では兆候の時よりは異常が出てくるようになりますが、まだ自覚が薄い症状が出てきます。

  • 痛みが瞬間的に発生するが、すぐに痛みが消えている
  • 指が引っかかるような感覚があり、曲げづらいと感じることがある
  • 物を持っていなくても手や指にだるさが出てくる
  • 痛いところはあるがどこが痛いのか明確には分からない

この段階の特徴として指や手首にちょっとした違和感が現れてきます。いつか治ると放置していると重症化してしまう恐れがありますが、自己治療でも対応は可能です。

患部を使わず安静にして氷や湿布などで冷やすのが効果的です。慢性的に痛みを伴う場合は患部を温めて血行を良くするのも効果がありますが温めすぎると逆効果になるので注意が必要です。

腱鞘炎の症状と対策③腱鞘炎の中期症状

中期症状となると明確に初期症状までのぼんやりとしたものではなく、はっきりとした症状が出てくるようになります。

  • 押すとどこが痛いのか明確な場所がわかる
  • 指や手首を動かすとズキズキと痛みが走る
  • 患部が熱っぽくなる

症状が進行すると日常生活において明確に影響を及ぼし始め腱鞘炎の自覚症状が出てくるのが特徴です。早めに病院で

  • ロキソニンなど消炎鎮痛薬を処方する
  • 固定具を当てて部位を固定する
  • 腱鞘に直接、炎症を抑える注射をする

といった手術など外科的な治療でなく人体を傷つけず、出血をさせずに行う保存療法と言う治療をしてもらう必要が出てきます。

腱鞘炎の症状と対策④腱鞘炎の末期症状

末期症状ともなると何もしてなくても症状が出てくるようになり、物事に集中できなくなるほどの異常が出てきます。

  • 指や手首の折り曲げが出来ず、動かそうとすると激痛が走る
  • 手を使用していない状態でもズキズキと痛みが走る
  • 手に力が入らず、痺れが出ることがある

ここまでくると服のボタンが掛けられない、ペットボトルのキャップを開けられないといった日常生活に多大な支障が出てくるのが特徴です。治療には保存療法では難しく、切開して炎症部分を取り除く手術が必要になる場合があります。

腱鞘炎の種類にはどんなものがあるの?

一言で腱鞘炎と言っても発症した部位によって病名が変わってきます。ここでは腱鞘炎の種類とその特徴について説明します。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

一般的な腱鞘炎とされており、親指部分にある2本の腱、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱の腱鞘でおきる腱鞘炎で手首に痛みや腫れが現れ、親指を動かすと強い痛みが発生するのが特徴です。

手首部分の腱鞘で発生する病気なので手首を酷使する職業やスポーツ、授乳する女性が乳幼児を支えたりする事で起こりやすいです。

手首の酷使が原因の場合は治療方法として固定具を使用して手を安静にする、患部に体の中の炎症を抑制する作用があるステロイドを直接注射する保存療法が取られます。

何度も再発する場合は腱鞘を切開して腱の通りをスムーズにする手術が行われます。

ドケルバン病には発症している疑いがないか自分で簡単にチェックできるアイヒホッフテストというものがあります。

やり方は親指を他の指で軽く握った後、親指を上にした状態でゆっくりと下に向ける。この時に伸ばされた手首に痛みがあった場合、ドケルバン病の疑いがあります。

バネ指

指に起こる腱鞘炎で腱の一部が腫れてしまい、腫れた部分が腱鞘(靭帯性腱鞘)に引っかかり指を動かすと痛みが走り、動きを制限されてしまうのが特徴です。

パソコンやスマホ操作のやり過ぎといった指を酷使することで起こりやすいです。

こちらも治療方法としてステロイド注射など保存療法、何度も再発する場合は腱鞘を切開して腱の通りをスムーズにする手術が行われます。

 

末期の腱鞘炎は再発も多くなってしまい手術も必要になってくるため、やはり早期対応を行うことが大切ですね。

腱鞘炎の特徴とメカニズムまとめ

腱鞘炎の主な要因は、指や手首の使い過ぎによる腱と腱鞘のから発症します。

手首を長時間使用する職業に就いている人だけでなく、生活を送っている中で誰でも起こりえるので普段から長時間の酷使をしないように適度な休養を心掛けることが大切です。

また腫れや痛み、だるさといった違和感があったら、患部を冷やすなど早い段階で腱鞘炎の対策や予防の行動をとり、痛みが酷いような場合には、病院や診療所を受信するなどして、適切な処置を施してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です